20240515 第14節ホームガンバ戦

ホームガンバ戦。ヴェルディは4-4-2でガンバは4-2-3-1でスタート。

ヴェルディの保持時は左SBの翁長が高い位置に張りDHがCBの左に降りもう1人のDHがアンカーの4+1の(パス出しに優れる森田が多いですが綱島になる事もあります)ビルドアップで、ガンバが縦パスを切る意識が高いので横に揺さぶりながら縦パスを入れて収めたりフリックしてチャンスメイクしていきますが、ガンバはソリッドなのでボールを動かしながらマークを外す動きにももうひと工夫ないと難しそうな印象です。それとガンバのプレッシャーがそうでもないのも影響してるかもしれませんが、繋ぐのと2CFへのフィードにもう1人がサポートするダイレクトな形と使い分けもしっかりしてますし、サイドでローテーションしたりポジトラ時に2CFに入れる原則がはっきりしてます。非保持は4-4-2のミドルプレスで中央をケアする意識がいつもより高めなので3センターに受けられるのをかなり警戒してる様子。サイドに入った所から寄せていきますけど途中から2CF2DHでガンバの中央からの前進を阻めると判断したからはハイプレスに移行しました。それとガンバは無理そうなら戻すのでそこでラインアップしながら陣形を整えますのでいつも以上に守備が安定してます。

ガンバの保持時は両SBを上げた2+4のビルドアップで、横に動かしてスペースを作って2DH(トップ下の宇佐美なら◎)への縦パスを狙いながらサイドから前進しSHがサポートして比較的ゆっくりと前進していきます。左SBの黒川は縦に仕掛け右SBの半田はDHと入れ替わったりするので後方支援がメインのよう。それと右SHの岸本は降りてサポートし左SHの食野は絞って受け手になる形が多く、無理そうなら戻してやり直しますしポジションを守る傾向が高いのでかなりポヤトス監督色が強くなってきた印象です。それとCFの坂本が収めて絞った食野やDHがサポートするダイレクトな形もありますけど比較的静的なので今は型を守る時期なんでしょう。非保持は4-4-2のミドルプレスで中央に蓋をしてサイドに誘導するんですが、SBに入ってから寄せにいきその後ろをスライドしたDHとSBで前進を阻む形でスペースを消す事に注力するようです。もちろん隙があれば奪いにいきますけど基本的には出し手に制限をかけ受け手に寄せるロティーナさんに近い形ですね。

右サイドへのフィードをCFが落としてSHが仕掛けるいつもの形からスタート。

今節はロングフィード時に後ろでサポート兼カウンタープレスの意識が高く出足がいいので入りの所は修正してきてるようです。

ガンバが秩序を保つ意識が高い上あまり寄せてこないのも大いにありますが、ヴェルディも繋ぐ蹴るの判断がはっきりしてるので静かに時間が過ぎていく展開。こういうのを塩って言う方がいるんですけど秩序と虚無って全然違うんですよね。

詳しく書きませんけどヴェルディはセットプレーの形を色々作り込んでるようですね。

お互い組織で前進できる分色々なアイデアを出しやすい状況なのでそこで違いを作れる方が主導権を握れそうですけど守備もしっかりしてるので固い展開です。ライン間中央の使い方はヴェルディはFWの染野が降りてくる偽9番でガンバはMFの宇佐美が居る真10番の違いがあります。ヴェルディがこの形をやるなら食野君になるんでしょう。

ヴェルディは宮原→翁長からのアーリークロスや早めにに2CFに入れて収めて相互でサポートし後ろからDH絞ってSHが出てきますし、ガンバは坂本が収めたりサイドで岸本や宇佐美が仕掛けたりとしたカウンターの形がありますね。ガンバはスクランブルというかカオスになりそうな時はプレーを切るのでポヤトス監督好みの展開により近くなってきました。正直去年のガンバはポヤトス監督である必要ないんじゃない?って感じだった所から一気に変わってきましたけど松田さんの影響もあるんでしょうか

ヴェルディは15分くらいから中を切りながらCBに寄せにいくようになりましたが、ガンバのビルドアップを見て中央の4枚でハメられるので寄せにいった方がいいと判断したのかなと

お互い3人目を使いながら前進しようとする構造もありますけどガンバの方が硬性的に見えるので型を守った上で崩す途中段階なのかなと

それと宇佐美がドン引きするくらい規律を守りながら献身的にプレスバックするようになったので意識の部分から大きく変わったんでしょうね。ザッケローニさんから言われた事にもっと速く取り組めていればと思わずにはいられないのが正直な所です。

25分のコーナーキックのこぼれでスクランブル状態になりましたけどここまで決定機はほとんど作れてなかったですしモノにしたかったですね…

ポジティブな意味ではあるんですがあまり変化がないので書くことがなくなってきました。

ガンバは押し込むと横に動かしながら中央への縦パスを狙う意識が強く、サイドからコンビネーションで崩そうってシーンはあまりないのでサイドは仕掛けから崩そうって事なのかなと 

36分に宮原に入った所に森田が流れて受け山田楓喜を押し出すようにビルドアップの出口を作りましたけど相手を見て判断ができてるようですね。ここまで2CFに当ててからの形が多かったですけど繋ぐ形も整備してるんですよね。後はもっとプレス耐性がついてくれば一気にビルドアップのバリエーションが増えそうです。

ガンバは秩序だった形は作れてるんですが、上記したようにやや硬性的でポジトラ時の意思疎通がそこまではっきりしてないので発展途上って印象ですけど、ロティーナ監督就任時のヴェルディもこうでしたので懐かしさを感じます。最初はみんなこうなんですよね

40分くらいからガンバが深さを作るようになったので前進がややスムーズになってきました。ここまでこの動きが少なかったのでヴェルディがラインアップしてコンパクトな陣形を作れてたんですよね。

ガンバは得点が少ないですけどボールを保持しながら守備ができるので1点取れれば十分って感じではあります。

ガンバがポジションとスペースを守る意識が高いのでヴェルディも秩序だっていてやりたい事やるべき事が見えやすく見応えがありました。ガンバはこれから作っていく段階って感じでしたのでやるべき事がはっきりしてる分ヴェルディが主導権を握れていたって印象です。ただヴェルディもJ1でここまではっきりやれていた試合を無かったので自信握れてなるでしょう。後はこれありきでどれだけプレス耐性をつけていけるか?って所なのかなと

お互い秩序を重視する展開だったので陵平も解説しやすかっただろうなと感じた前半。



後半頭から松橋→斎藤へと交代。保持できるので受け手を増やしながら流動的にって事なんでしょう。

ガンバは蹴ったり早めに坂本に入れたりと縦の意識が強くなってきたので前半プレスにハマってたので深さを作るように修正してきたようです。セカンドを拾ったら全体的に横圧縮するので繋ぎながらサイドを突破していこうって事なのかなと

ヴェルディは繋ぐより2CFへ蹴る事が増えてきてきましたけどライン間と背後の使い分けをはっきりさせてきたように見えます。

50分に綱島が中盤で坂本に奪われましたけど前進を阻む切り替えができていたのは良かったですね。そりゃあもちろん奪われない事が一番いいですけどね。

お互い蹴る事が多くなった分前半よりテンポが上がってきて中盤にスペースができるようになったので中央から運んでチャンスメイクする形も出てきました。ガンバとしては秩序だけではやや分が悪いのである程度カオスを受け入れた方がいいと判断したのかなと。ただヴェルディの方がインテンシティが高いのでそこまで上手くいってないですね。

ヴェルディは保持すると後ろで回しながら斎藤が絞って翁長が張り受け手を増やしながら前進しようとしますのでこの形もしっかりしてます。

ガンバはミドルプレスは変わってないんですが2CFが縦関係になり森田を見張りながらSBにはSHが縦に蓋をするようにしてきましたのでCBのドライブでどれだけ時間と空間を運べるか?が鍵になってきそうです。

押し込んだ時に3センター(染野斎藤森田)が流動的に動きながら繋ぐ判断がはっきりしてきたので鹿島戦で自身をつけたようですけど最後の所が中々合いません。

ヴェルディが保持する時間が長くなってきたんですけどガンバは持てない事にストレスを感じてる素振りがないのでほんと変わりましたね。

62分に綱島と山田楓喜→見木とチアゴアウベスへと交代。チアゴアウベスは左SHに入り斎藤が右SHへ移動。中盤中央で起点を作ってサイドから突破をはかるようにしてきました。

63分にネタラヴィと食野→ダワンと倉田へと交代。この展開なら縦に仕掛けたり運べる選手の方がいいでしょうね。実際縦志向が強くなってきて推進力も出てきましたけど少し距離が遠い分ヴェルディにパスをインターセプトされる事が多いです。ただ単独で押し込められるダワンは脅威ですね。

ガンバは敵陣でのセットプレー時にベンチに何か聞いてるのでどのパターンを使うかの判断はベンチがしてるようです。

71分にチアゴアウベス→袴田へと交代。左SBに入り翁長が左SHへ移動。チアゴアウベスは大事に至らないといいんですが…

ガンバは中谷が運んでからの黒川へのフィードで前進できるようになりましたが、まずは守備を整備してチームを安定させるのを優先して保持はまだこれからなんでしょうねって印象です。

75分に宇佐美と岸本→ジェバリと山下へと交代。岸本はおそらく筋肉系のトラブルが起きてしまったようですね。

千田→大外の翁長→ニアゾーンに入ってくる見木の形が増えてきましたけどこの約束事は元々ありますし、特にこの形を意識してって感じではなさそうです。

中2日の試合なのでさすがに最終盤に強度が落ちてきましたが、ヴェルディは攻守に渡ってこれだけプレー原則に則ってやれてる試合はなかったですし自信になると思います。

ガンバの寄せがそうでもなく時間と空間があるのは確かですけど、相手を動かしながら剥がしたりスペースを使う事ができてますので組織強度は確実に上がってきてますね。

86分に中谷→半田→ポケットに侵入した山下のマイナスクロスを倉田が合わせるこの試合1番の決定機がありましたが林が身体を張ってブロックし難を逃れました。

その後もジェバリにポケットをとられ耐える展開になりましたけど中2日でやむを得ない部分があるのは確かなんですけどチームとしてのベースとなる約束事が抜けてしまうとさすがに難しいですね。

88分に袴田→稲見へと交代。まあこういうのも含めてフェアな競争ですからね。ただまたここから這い上がってくれば当然チャンスがある筈なので頑張ってほしいです。

どうボールを前進させて崩すか?の形はしっかりしてるんですけど最後の所で合わないですね。このまま終了。



最後に、ガンバの寄せやインテンシティがそこまでではなく最終ラインで時間と空間を得られたのはあるんですが、繋いで中央を使ったり2CFへのフィードを使い分けてボールを前進させられてましたし、実際シュート枠内シュート共に多かったので攻撃は今までで1番機能してたと思います。ただ横パスやレイオフでの縦横の揺さぶり方とマークの剥がし方にもう少し工夫が欲しかったなとは感じました。

守備はガンバが比較的静的だった事もあり中央に蓋をしながら前進を阻めてましたし、フィードや縦パスにも迎撃に出て起点を作らせない対応は終始できていて攻守に渡ってやるべき事をやりながらやりたい事をやれていたのでもったいなかったなっていうのが正直な感想ですけど最後の所の意図が中々合わなかったのでここは伸びしろかなと。

ガンバは皆が規律を守って献身的に守備するようになりドン引きする程ソリッドになりましたね。まずは守備組織を整備してパフォーマンスや成績を安定させる事を優先して攻撃はこれから手を入れていくのかなって感じに見えました。そうなると今度は守備とのバランスがってなりがちですけど、徳島でもアタッキングサードは個の能力で打開する傾向が強かったので大崩れする事はなさそうです。

ゾーンディフェンスもポジショナルプレーもボールの位置と他の選手の位置で自分の位置とタスクが決まるのは全く同じなので見た目は全然違いますけど根っこは繋がってますので松田さんという理解者を得られたのが大きいんじゃないかなと


陵平の解説わかりやすいですよ。ガンバの保持時の振る舞いに不満があるのはわかりますけど、ヴェルディもロティーナ監督時はます守備の整備からでしたし(そもそもこのクラブはそれまで守備の文化が無かったですし)チームを安定させる段階なんじゃないかなと