20190403 第7節ホーム水戸戦

f:id:costoros_verdy:20190404202438j:plain



f:id:costoros_verdy:20190404202247j:plain


ホーム水戸戦。予想フォーメーションはこちら。



水戸戦。水戸の守備


水戸の守備は2トップがボランチへのコースを切りながらセンターバックへのプレス(カバーシャドウ)が徹底されている様子。こちらの動画でも清水が栄直につき、近藤からのパスコースを切りながら上福元へプレス、黒川が潮音へのパスコースを切りながら平へプレスをかけてパスコースを限定してしまうので残りはここしかコースが無いよね?と言わんばかりに奈良輪には茂木が勢いよく寄せてくるので大きく蹴るしかなくなってしまう。水戸の2トップの守備がハードワークをしながらボランチへのコースを切るので後ろは楽に守れるし、ここまで6試合2失点という堅守を支えてるんだろうね。


f:id:costoros_verdy:20190404211024j:plain


黒川が潮音の位置をしっかり確認しているので



水戸戦。ヴェルディの守備


ヴェルディも負けてはいない。佐藤が岸田→伊藤へと二度追いをしてンドカボニフェイスに陵平がボランチへのコースを切りながら寄せて志知に出させて小池が勢いよくプレスをかけて蹴らせる。

お互い守備がいいんだけど、水戸は就任2年目の長谷部監督の戦術が浸透している分、前からハメにいったり囲い込みやインターセプトがオーガナイズされているのでその分旗色が悪いという感じ。

ヴェルディはボールを持っても水戸に時間を削られてバタついたり無理に縦パスを入れたりして自らの手でボールを手放してしまうシーンもあるので上手くいかなかった時はやり直したりしてもう少し展開を落ち着かせられたらいいかなと。


f:id:costoros_verdy:20190404222030j:plain


水戸の攻撃的プレスへの対策として栄直が真ん中で2トップを引きつけてCBが開く。こうする事によって水戸のSHがCBとSB両方を見張るように強要させる形が作れてるので事前に準備してきた形なんだろうね。この形が出てきてからは水戸のプレスを剥がして押し返す事ができていたので

30分過ぎに栄直がCB間に降りてきてSBを押し出して近藤が2トップ脇から運んで若狭小池と降りてきた陵平でひし形を作って右サイドに片寄せしてからサイドチェンジで前進する形が作れてくる。小池の突破をチラつかせながら水戸の守備対策として仕込んできたんでしょう。


f:id:costoros_verdy:20190404233543j:plain


f:id:costoros_verdy:20190404232634j:plain


f:id:costoros_verdy:20190404232649j:plain


後ろで廻してた分ボールポゼッションでは上回ったけど、小池や浅野の突破を生かしながら逆サイドはSBが幅を取りSHが絞るという特長が同サイドになるので、守備をする事が多かった分小池が下がるのでチャンスメイクできた差がこのシュートや枠内シュート数になったかなと。

固い展開ではあるけど現時点での組織力の差は感じた前半。



後半、高い位置から上福元まで戻したり、深い位置まで下げてから前線を狙ったりして水戸を上下に揺さぶる形が出てくる。相変わらず水戸の対応は速いけど、前半よりも水戸の選手間で受けてプレスをかいくぐれるようになってきた。

ヴェルディが高い位置まで運べるようになった事もあり奪われて被カウンター、奪ってカウンターと連戦中には優しくないオープンな展開になるけど攻撃の迫力というよりはお互いの守備の良さの方が目立つ。

ただ、57分くらいから水戸に持たれる事が多くなってきて右サイドで細かく繋いで片寄せさせられてから逆サイドの志知、浅野、黒川を使われ、浅野の突破力や黒川の間で受けての仕掛けられて対応に手を焼く。

水戸の選手は常に背後にいるヴェルディの選手を見てコースを塞いでスライドも速くロングボールも跳ね返されるし中々攻め手がない。

63分に端戸→コイッチへと交代。陵平とは縦関係でトップ下に入るような形。

69分に佐藤→梶川へと交代。

コイッチは本来はサイドからのクロスターゲットとしての役割なんだろうけどライン間で収めて前を向いてボール出しができるし、ポストプレーをこなせる事がわかったのは収穫かと。

70分過ぎくらいから水戸の2トップのプレスがかからなくなりスムーズに運んでシュートまでいけるシーンが出てきたんだけど長谷部監督が清水と黒川の所を同時に変えてくる。抜かりない

ただ、2トップからのフィルターがそこまで効いてないので清水と黒川の能力や献身性で成り立ってた所はあるのかなと。まあこの2人が契約上出場できなかった大宮戦でも負けてないので組織としての強度は間違いないんだけど

守備はしっかりしてるんだけどあまり攻め手が無かったまま終了。



最後に、ここまでカウンター気味の速い攻撃での得点が多い事もあるのかもしれないけど、ミスや速く攻めなきゃという感じの焦りで自らボールを手放してしまい守備にエネルギーを使う悪循環があったのでボールが持てる時にはもう少し展開を落ち着かせてもよかったかな。ただ、2試合連続クリーンシートだったように守備がしっかりしてきたし、今節はベタ退きした訳ではないのでここはチームとして前進したと思う。

水戸のコースを切りながらのプレスやタイミングと強度やインターセプト等の守備が素晴らしかったというのは間違いないのでここはどのチームも苦労すると思うし、この順位がフロックでも何でもない事は確かなので水戸を誉めるべきかなと。

そう考えると千葉が道具袋にエリクサー入れてたのに全滅した感はある(^^;